猪目洞窟

日本帰国中、出雲での旅の際

古代には「あの世」(黄泉の国)

につながると信じられていた

猪目洞窟(いのめどうくつ)に行って来た。

「出雲国風土記」にも出ているらしい。

この洞窟を見た瞬間、ひんやりとした感覚と共に

鳥肌が立つくらい何か別次元の

ものを感じた。

中は真っ暗だったので、

あまり奥までは行かなかったものの

この辺りの不思議な感覚に魅せられて

時間を忘れるような感じだった。

その後、この洞窟の周りを散策しながら

一緒に来た方と、不思議な空気感を連れて来たのか

二人ともボーッとしているのだが、明晰でそれでいて

至福感に包まれたそんな時間を共有した。

どのくらい時間が経っただろう?

それさえも考える余地もないくらい、

二人で夕陽を背にして、山の木々をずーっと見つめていた。

その空間は時間も距離も無く、

手を伸ばせば触れられるようなそんな感覚だった。

その辺りには、ナルキッソス(水仙)の花がたくさん咲いていた。

ナルキッソスはギリシア神話で有名だが、

若さと美しさを兼ね備えたナルキッソスは

水鏡に映った自分に恋をして

水面に映る自分に口付けをしようとと

そのまま落ちて水死したという話しがある。

ナルキッソスが死んだあと

そこには水仙の花が咲いていた。

ナルシストの言葉の語源でもある。

どうやらあまりポジティブな意味では取られないようだが、

本来はそうでもないような気もした。


Rainbow Serenity

❤️カナダ西海岸からお便り❤️ Serenity(セレニティ)とは 晴朗 •(こころの)平静 • うららかさ ハンドルネームは、虹夢(えむ) ”カタカムナ 言霊カード”と”コーチング”を合わせて、 夢のクリエーションをサポートしているセッションをしています❤️ 🌈2019年5月1日HP作成につきブログもこちらにお引越しましたhttps://katakamuna77.amebaownd.com

0コメント

  • 1000 / 1000