考える

考えるの語源を自分なりに考えた。

「かむがえる」 

カタカムナで言うと 「カム」は潜象世界

「見えない世界」にかえる。神帰る。

調べた語源では「かむがふ」であったそうな。

「か」「むかふ」 

か(彼)または(住み処、在り処)の か(処)でもある。

むかふは 向かう•対 という意味。


一般に言う「考える」の意味は

知識や経験から物事を筋道立てて思いはかる、という。

しかし、元々本来の「考える」の意味は

「瞑想」に近い感じではなかろうか。

しかし、無になるというのではなく、

私の当てずっぽうで言うならば、

自分の顕在意識と潜在意識とを向い合わせてみる。

潜在意識や無意識からのイマージュが湧いて来る。

ポーンッとあちら側からインスピレーションが降りて来る。

それと対話させてみたりする。

何か新たなクリエイティブなアイデアが生まれてくるかもしれない。


ちまたでよく聞く「考えるな感じろ」ではなく

「感じるより考えろ」

いや、別に感じるのは勝手なんですけど(笑)

考えることって大切。

堂々巡りするマインドではなくて

クリエイティブな

新しい思考方法を以前から考えている。

Rainbow Serenity

❤️カナダ西海岸からお便り❤️ Serenity(セレニティ)とは 晴朗 •(こころの)平静 • うららかさ ハンドルネームは、虹夢(えむ) ”カタカムナ 言霊カード”と”コーチング”を合わせて、 夢のクリエーションをサポートしているセッションをしています❤️ 個人の人生のアドバイスに加え、 起業する人向けの会社名の診断・アドバイスもしています。 どうぞよろしくお願い致します❤️

0コメント

  • 1000 / 1000