カタカムナ

「カタカムナ」のことをいきなりブログに書き出しても、何のことかまだ知らない方もいらっしゃると思いますので、ご紹介します。


 「カタカムナ」とは、上古代の約1万2000年以上も前に、日本で栄えた高度な文明の名であるとされている。何故、縄文以前かというと、「カタカムナ文字」または、「カタカムナ文明」が存在したという痕跡は、縄文時代以降の遺跡や記録には全く見つかっていないからである。また、世界の古代文明でも、この様に、幾何学文字を渦巻き状に描き出すという類似文字は発見されていない。 1949年(昭和24年)にカタカムナ文献の発見者であり、カタカムナ文字の解読者である物理学者•電気技術者の楢崎 皐月(ならさき こうげつ)氏が、兵庫県六甲山系金鳥山付近で、大地の電位測定の為の調査を行っていたところ、「平 十字(ひら とうじ)」と名乗る男性に出会ったことから始まる。 

楢崎氏を気に入った平氏が、彼の祖先から、大切に受け継いできたという「カタカムナ神社」の御神体の巻物を楢崎氏に見せた。 




*下記のような文字ですが、これは私が真似して書いたものです。(ウタヒ5首、6首)



   これが、「カタカムナ ウタヒ 80首」のうちの第5首で、それらは上記の図のように、渦巻き状に綴られた幾何学的な文字であった。そして、平氏にその巻物の書写を願い出て、許可してもらい、それから彼は金鳥山の楢崎氏が居住する穴倉に御神体を毎日持参し、書写を見守ったという。この時、写し取られたモノが、「カタカムナ文献」として残されている。その後、楢崎氏は、長年の研究を重ね、古事記その他の古文献を参考にし、カタカムナ文字の解読に成功した。   カタカムナ文献とは、カタカムナ ウタヒ80首からなり基本的には5音•7音の区切りで詠われていることから、日本の和歌や俳句の源流であると言えるかもしれない。又、古事記の「上つ巻」に登場する御神名が、天石屋戸の物語のところまで、その順番でほとんど登場するので、古事記編纂で、稗田阿礼が誦習 した際に参考にしたという帝紀、旧辞の一つである可能性もある。 (吉野信子オフィシャルサイトより抜粋)


  さて、私がなぜ「カタカムナ」に関心を寄せたかと申しますと、数年前からこの言葉の響きはどこかで聞いていたものの、2015年夏頃、友人からカタカムナ研究家/吉野信子先生のDVDを見せて頂き勉強をさせてもらいました。その最初の日は忘れもしません、お風呂に入ってもカタカムナの思念読みを自然としていて、寝ても夢の中でカタカムナのことを考えていて、文字通りカタカムナに夢中になってしまいました(笑) また、吉野先生のカタカムナへの熱いパッションに感動してしまい、その思いが私に写真のような色紙に金文字でカタカムナ文字を書かせてしまいました。もちろん吉野先生の鈴の鳴るような声とコロコロと笑ってお話される可愛らしさに大ファンになってしまい、先生が好きな「バンプ•オブ•チキン」のライブコンサートへ日本帰国したときに友人と行って来ました。(爆笑)実は、カタカムナそのものに関心があるのはそうなのですが、吉野信子先生に魅せられたというのが正直な私の本音でございます。あまりどなたにもお話していなかったことです。


つづく



Rainbow Serenity

❤️カナダ西海岸からお便り❤️ Serenity(セレニティ)とは 晴朗 •(こころの)平静 • うららかさ ハンドルネームは、虹夢(えむ) ”カタカムナ 言霊カード”と”コーチング”を合わせて、 夢のクリエーションをサポートしているセッションをしています❤️ 🌈2019年5月1日HP作成につきブログもこちらにお引越しましたhttps://katakamuna77.amebaownd.com

0コメント

  • 1000 / 1000