カタカムナと子育て

 そもそもコトバ自体にそんな魔力があるものではない。そこに人が想いを乗せてはじめて相手に伝わる。たとえば母親の想いと発した言葉が共振した時に、共振波動が子供にも伝わる。コトバと想いを意識して使うことによって現実化もさせてしまう。


 本来、カタカムナ文明の人たち(上古代に存在したと言われる)は自分たちの生命の根源の思念(オモヒ)を無意識の領域に潜めていた日本人の、ものの考え方、生き方の根本態度を端的に示す言葉、「アリガトウ」を、現代人よりも、それが何であるかということを根本的に知っていたのだと思う。現在の私たちは、何気なく使っているコトバの一つ一つの音にはすべて「思念」(しねん/オモヒ)がある。それを知っているのといないのでは、断然違いがあるはずである。コトバが言霊となり、伝わる本当の言葉になるのではないだろうか。 


  親は子供に「アリガトウ」を言いなさい、と教える。現代人は、社交辞令として反応するように教えていることがほとんどではないかと思う。それを伝える母親の「アリガトウ」の理解によって、伝わる波動がそれぞれ微妙に違ってくるのではないかと思う。 カタカムナの思念(しねん)を知ることによって、もう一度、素晴らしい日本語の本来持っている一つ一つの意味を理解してみようではないか。そして、それを自覚して使うによって、現実を変えて行く。子供はとくに母親の共振波動をしっかり受けると思うので、子育ての時期に、ご自身が使っているコトバをもう一度見直すのに、良いキッカケだと思う。 


 カタカムナ研究家•吉野信子先生は、カタカムナの思念法則を発見された。その法則を知る事で子育てにも、これからの現実創造全てにおいて役立てられると思う。まずは、吉野信子先生の発する言霊を聞いてみてほしい。声の響きも素晴らしいことながら、皆さまのこころに染み渡るその言霊をバンクーバーの皆様に一度聞きに来て頂きたい。無意識に潜んでいる日本語の本来持つ素晴らしさをもう一度思い出すために!!!


Rainbow Serenity

❤️カナダ西海岸からお便り❤️ Serenity(セレニティ)とは 晴朗 •(こころの)平静 • うららかさ ハンドルネームは、虹夢(えむ) ”カタカムナ 言霊カード”と”コーチング”を合わせて、 夢のクリエーションをサポートしているセッションをしています❤️ 個人の人生のアドバイスに加え、 起業する人向けの会社名の診断・アドバイスもしています。 どうぞよろしくお願い致します❤️

0コメント

  • 1000 / 1000