生命至上主義とは

ここのところブログがカナダdeカタカムナ日記になってしまっている。


今日は8月6日、私の亡き父の誕生日であり、父方の祖母は広島の原爆で亡くなっている。

きっと私の中には、知らずと世界が平和になるようにと願わずにはいられないDNAが入っている。なぜ国際結婚したのかも今となっては繋がりがあるのかさえ思えて来た。

前回、カタカムナの中で中心になっている考え方をいくつか挙げたが、今回は「生命至上主義」について、私なりに説明してみよう。


生命 セイメイを数霊で読むと 36+5+10+5=56 イマ 思念読みすると「伝わるものの受容」つまり「生きている身体」今、実在する生命体のことである。


カタカムナの「カタ」とは、人間の身体であり、神である。「カム」とは、見えないエネルギーであり、仏である。それらを統合する「ナ」(+)で、カタカムナという。

よって、生命至上主義とは、身体(カタ)を最高とする生き方のことである。 私たち生きている身体を神とするならば、人間同士を傷つけ合うだろうか?!

また、言霊と数霊を知る事によって、物事の本質が分かると、善悪で判断しなくなる。また、本質を知ると、全てを受け入れていこうとするのではないだろうか。よって争いはなくなるのではないだろうか。


*写真は、ビクトリアのある病院の中のチャペル(世界のどの宗教であろうがお祈りできる)

Rainbow Serenity

❤️カナダ西海岸からお便り❤️ Serenity(セレニティ)とは 晴朗 •(こころの)平静 • うららかさ ハンドルネームは、虹夢(えむ) ”カタカムナ 言霊カード”と”コーチング”を合わせて、 夢のクリエーションをサポートしているセッションをしています❤️ 🌈2019年5月1日HP作成につきブログもこちらにお引越しましたhttps://katakamuna77.amebaownd.com

0コメント

  • 1000 / 1000