吉野信子カタカムナ/いのちのツアー2018

昨年6月、まるで古き良き文明が蘇ったかのように

「カタカムナ」と一緒に吉野信子先生が

カナダ•ビクトリアとバンクーバー

を訪れて、講座、講演会をしてくださったことは、まだ記憶に新しいことかと思います。 


今年2018年10月は、吉野信子先生が第2弾カタカムナ•いのちのツアーとしてバンクーバーを中心に講座、講演会をしてくださいます。 


さらにパワーUPされている信子先生に再会出来るのを楽しみにしていらっしゃる方も多いと思います。また新たに今年初めて、信子先生とカタカムナを知りたいと思っていらっしゃる方も是非めったにないこの機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております❤️ 早割りございます。お申し込みして頂いた方の中からいくつか素敵なプレゼントもご用意しております。


 詳細は下記をクリックしてください💜 またはこちらのウェブをクリックしてください❤️ ⬇️



吉野信子カタカムナツアー2018

カタカムナ研究家 吉野信子2017年にカナダの地を言霊で魅了した、いのちのツアーが再び。日本からカタカムナ研究家の吉野信子先生をお招きしてカタカムナに関する講座を開催致します。2018年10月11日〜16日。言霊のエネルギーが、バンクーバーに響き渡ります。2017年 カタカムナ講演会inバンクーバー昼の部夜の部と会わせて延べ45名参加。(写真は昼の部)3日間講座inビクトリアでは、延べ60名が参加。2017年 カタカムナ講演会inバンクーバー昼の部夜の部と会わせて延べ45名参加。(写真は昼の部)3日間講座inビクトリアでは、延べ60名が参加。カタカムナとは、縄文時代以前の先祖が使用していた絵文字、記号文字。この時代の人々は、感度に優れ、全ての物事がエネルギーと波でできていると感じとっていました。そして、それら、現代で表現される宇宙の真理と呼ばれるものをカタカムナで記したのです。さらに、日本には、古代の中国から漢字が伝わる以前に神代文字(かみよもじ)といわれる古代文字がたくさん存在しました。神代文字とは神社に祀るための祝詞として残されていたものが多いということです。その神代文字のひとつとされているのが「カタカムナ四十八音」です。そう。宇宙の真理を記した文字カタカムナが、日本語の源流なのです。カタカムナの知識を知っていることで、あなたの使命、人生のしくみ、宇宙の真理をも、読み解くことができるのです。また、カタカムナ文明という文明時代が、縄文の上古代にあったのではないかとも言われてます。1949年に、楢崎皐月(ナラザキ コウゲツ)氏が、六甲山系の金鳥山で「カタカムナ文献」を再発見しました。楢崎氏はその文献を数十年にわたって研究し、古事記などの御神名を頼りにその読み方を解明しました。その結果、ようやく「カ・タ・カ・ム・ナ」という神の名が日本に蘇ったのです。日本の縄文時代以前に生まれたであろう「カタカムナ」は、日本語の原点でだけでなく、日本を日本とたらしめている根源ではないかと考えられます。私たちの祖先が現代の私達に一体何を残してくれていたのか?私たちが意識せずに振舞う日本人的な行為は、このカタカムナが源ではないのか?神とは何か?宇宙とは何か?自分とは何か?・・・カタカムナの言霊と数霊で、これらの壮大で根源的なテーマをひも解いていきたいと思います。吉野信子は、カタカムナの研究

peraichi.com

Rainbow Serenity

❤️カナダ西海岸からお便り❤️ Serenity(セレニティ)とは 晴朗 •(こころの)平静 • うららかさ ハンドルネームは、虹夢(えむ) ”カタカムナ 言霊カード”と”コーチング”を合わせて、 夢のクリエーションをサポートしているセッションをしています❤️ 個人の人生のアドバイスに加え、 起業する人向けの会社名の診断・アドバイスもしています。 どうぞよろしくお願い致します❤️

0コメント

  • 1000 / 1000